March 29, 2007

「DEATH NOTE」(劇場版)見ました。

先日、珍しく休みの日に家でまったり過ごしました。
こんなふうに休むのは実に1年ぶりくらいなのではないか?
休みの日はいつも出掛けていることが多いので、たまにはゆっくりするのもいいものですね。

そこで私は、かねてから気になっていた劇場版の「DEATH NOTE」前後編・撮影のメイキングを一気に見ることにしたのです。
「DEATH NOTE」についてはマンガで8巻までは読んでいたんですが、最後まで読んでおらず…(結末はM男から聞いてしまいましたが)
しかし私は登場人物に自分なりのイメージを抱いてしまっていて、特に主人公の秀才、月(ライト)くんに関しては「及川ミッチーかGackt以外考えられない…」と以前から頭の中で勝手にキャスティングしていたのです。
だって、DEATH NOTEによって世の中を乱す悪人達をすべて葬る、それによって犯罪のない美しい世界を築き上げる、そして「僕は新世界の神になる」…なんてナルシスティックなセリフ、彼らが言ったらさぞかしピッタリだろうなと思いませんか?(月くんは大学生なので年代は合わないんですけどね)
なので最初に月くん役が藤原竜也くんと聞いた時には「…ミ、ミスキャストではないか?」と激しく動揺してしまったワタクシかおるこ…「あのセリフはやっぱりGacktに…」と、見る直前までしつこくそう思っていたのですが…。
しかし!この場を借りて訂正致します!!
見てみたら藤原くんは、ワタシ的にものすごく完璧な月くんでしたっ…m(__)m(失礼致しました)
普段の生活の中でもチラチラッと見え隠れする内側に秘めた狂気とか、追い詰められた時の鬼気せまるすさまじい迫真の演技、スゴかった…(思わず緊張で手に汗が…)
キョーレツに目に焼き付いて頭から離れないです…コワイ…。
そして、月くんに対抗する天才名探偵?のL(エル)役の松山ケンイチくん(カッコイイ)もこれまたよかった。
見た目がすでにLだったので存在に全く違和感ナシ…マンガにしても濃すぎるキャラなのに…これってスゴイことではないか?

マンガやイマドキな小説(?)を原作にしている映画やドラマはたいていつまらないものだとタカをくくっていましたが、この「DEATH NOTE」はちょっと違う!
脇役もすべて豪華キャストで固めており、話もマンガとビミョーに違っていたりして、原作とはまた別の一つの作品として楽しめました。おもしろかったです。

そして最後に話は変わりますが、メイキングを見ていて、月くんとLの二人いるシーンの撮影がすべて終わった時、あの二人は一瞬抱き合っていた…(!)
「お疲れ!」とか「やったな!」というライトな(シャレか?)感じだと思いますが、ワタシ的にはついイケナイ想像をしてしまい、見終わった後も違った意味で楽しんでしまいました(←これが一番よかったりして)
一粒で二度おいしかったです(ありがとう「DEATH NOTE」)

みなさんもよかったら、お時間ある時にでも見てみてください!


oni_kr at 10:05コメント(2) 

コメント一覧

1. Posted by 羊!?   March 29, 2007 17:55
 いつも楽しく拝見させて戴いています。今回のネタは
いつに無く?長文ではありましたが、馨子さんの感情が
良く伝わってきて面白かったです!。
 でも、馨子さんは「DEATH NOTE」本編よりもメイキングの方がなんだか感激していたような(笑)。
 今後もちょくちょく更新してくださいね〜。楽しみに
してます!。
2. Posted by かおるこ   April 02, 2007 18:13
羊!?さん、どうもありがとう!
言われて見てみたらホントに長文でしたねー(笑)
オドロキました。
これは電車に乗ってる時携帯から投稿したんですが、集中しすぎて駅を乗りすごたりしてました…アホです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile Kaoruko
IMG_7881-150

新宿SMクラブ スウィート・デビルに在籍しているドミナです。

SWEET DEVIL
Tel:
03-6906-5295

◆出勤スケジュール◆
火曜日
17:30〜21:00
水・土・日曜日
13:00〜20:00

Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ